リーズナブルで良質な革財布が、男を引き立てる

ココマイスターおすすめ40代向け財布

もう若いころもすぎて、いい年齢になってきたとも癒える40歳の男性。
責任も背負うものも増えてきた割には、出費も増えて大変な年代ですね。
でも、財布くらいは、できるビジネスマンっぽく、ちょっといいものを持ちたいですね。

 

実はこの年齢の時に革の財布をプレゼントするのは、ベストタイミングなんです。
革の財布は経年劣化といって、使えば使うほど見た目が変わっていきます。「劣化」と言いますが、これは悪い劣化ではありません。
使えば使うほど見た目がビンテージのようになっていき、その人だけの財布になっていくんです。
この年齢から革の財布を使うと、定年退職するころにはもう立派な「その人だけの財布」になっているでしょう。そうした姿を見て、これまでがんばってきたことを思い出すということは、感慨深いものがあります。
革の財布をプレゼントするということは、そうした風情もプレゼントするということなのです。

 

立派な財布というとブランドの財布を想像する方が多いですが、私はやめておくべきアイテムだと思っています。
というのも、ブランドの財布が高いのは上質な素材を使っているから高いのではなく、「ブランド代」が高いだけなんです。なので、何万円もするのにビニール系の素材を使っているというブランドもしばしばあります。

 

なので、ブランドはなくとも、しっかりと上質な素材を使った、長い年月の使用に耐えていける財布。これがプレゼントに適している財布と言えるのではないでしょうか。

 

父の日財布ランキングトップページへ戻る